日産 新型 セレナ e-POWER マイナーチェンジ デザイン変更 2019年8月1日発売

セレナ 日産
新型 セレナ ハイウェイスター

日産は新型セレナ / セレナe-POWERのマイナーチェンジを行い2019年8月1日に発売する。エクステリアデザインを変更。全方位運転支援システム「360°セーフティアシスト」 標準搭載する。マイナーチェンジに合わせAUTECHブランドの「セレナAUTECH」「セレナAUTECH e-POWER」を2019年10月に発売する。

新型セレナ / セレナe-POWERのマイナーチェンジモデルについて

マイナーチェンジにより、エクステリアのデザインを変更。グレード「ハイウェイスター」には大型Vモーショングリル「ダブルVモーショングリル」を採用。セレナ e-POWERには、新たに16インチアルミホイールを設定。新色2色「サンライズオレンジ」「ダークメタルグレー」を追加。

セレナ

新型セレナ

全方位運転支援システム 「360°セーフティアシスト」 標準搭載を安全技術をバージョンアップしレーンチェンジや道路上の危険を判断しての回避も出来るようになる。インテリジェント エマージェンシーブレーキ性能を向上。夜間においても衝突時の被害や傷害を軽減する。「インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)」「踏み間違い衝突防止アシスト」を標準装備とする。「セーフティ・サポートカーS(通称:サポカーS)」の「ワイド」に該当した。プロパイロットの機能向上により下り坂での設定速度保持や、よりスムーズな減速を可能とするブレーキ操作などが可能となった。

新型セレナ 全方位運転支援システム 「360°セーフティアシスト」標準搭載

「 360° セーフティアシスト」は、7種類の先進運転支援システムで構成される。「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」「踏み間違い衝突防止アシスト」「アダプティブハイビームアシスト/ハイビームア」「後退時車両検知警報 RCTA」「インテリジェントLI /LDW(車線逸脱警報)」「RCTA 後退時車両検知警報」「標識検知機能」を採用。

日産 360° セーフティアシスト 全方位運転支援システム とは?搭載車について

日産 360° セーフティアシスト 全方位運転支援システム とは?搭載車について
日産は「ニッサン インテリジェント モビリティ」の先進安全装備にあたらに「 360° セーフティアシスト」を採用する。他社などの「Toyota Safety Sense」「Honda SENSING」などと同様にパッケージ化されている。 ...

新型セレナ スペックについて

スペック 新型 セレナ 新型 セレナ
ハイウェイスター
全長 4,685mm 4,770mm
全幅 1,690mm 1,740mm
全高 1,875mm
ホイールベース 2,860mm
エンジン 直列4気筒 DOHC 2.0L 
直噴エンジン+モーター
最高出力 110kW(150PS)/
6,000rpm
最大トルク 200Nm(20.4kgm)/
4,400rpm
モーター
最高出力
1.9kW(2.6PS)
モーター
最大トルク
48Nm(4.9kgm)
トランス
ミッション
エクストロニックCVT(無段変速機)
駆動方式 2WD/4WD
乗車定員 8名
JC08モード 16.6〜17.2km/L (2WD)
15.0〜15.8km/L (4WD)
16.6km/L (2WD)
15.0〜15.8km/L (4WD)

新型セレナe-POWER スペックについて

スペック 新型セレナ e-POWER
全長 4,770mm
全幅 1,740mm
全高 1,865mm
ホイールベース 2,860mm
エンジン 1.2L 直3DOHC +モーター 型式:EM57
モーター最高出力 100kW(136ps)
モーター最大トルク 320Nm(32.6kgm)/0-3283rpm
最高出力 62Kw(84ps)/6000rpm
最大トルク 103Nm(10.5kgm)/3200-5200rpm
駆動方式 2WD
乗車定員 7名
JC08モード航続距離 26.2km/L

新型 セレナ 価格グレード

グレード エンジン トランス
ミッション
駆動方式 乗車定員 価格
B 直列4気筒DOHC 2.0L
直噴エンジン
CVT 2WD 8名 2,399,760円
S 2,508,840円
X 直列4気筒DOHC 2.0L
直噴エンジン+モーター
2,529,360円
XV 2,687,040円
G 3,005,640円
ハイウェイスター 2,708,640円
ハイウェイスターV 2,932,200円
ハイウェイスターG 3,168,720円
B 4WD 2,687,040円
X 2,773,440円
XV 2,931,120円
G 3,292,920円
ハイウェイスター 2,995,920円
ハイウェイスターV 3,192,480円

新型 セレナe-POWER 価格グレード

グレード エンジン 駆動方式 乗車定員 価格
e-POWER X 直列3気筒DOHC 1.2L
+モーター(EM57)
2WD 7名 2,943,000円
e-POWER XV 3,167,640円
e-POWER G 3,410,640円
e-POWER ハイウェイスター 3,233,520円
e-POWER ハイウェイスターV 3,435,480円
e-POWER ハイウェイスターG 3,657,960円

日産 新型 セレナ e-POWER マイナーチェンジ で何が変わったか?

日産 新型 セレナ e-POWER マイナーチェンジ で何が変わったか?
日産は新型「セレナ」「セレナe-POWER」のマイナーチェンジを行い2019年8月1日に発売した。マイナーチェンジにより何が変わったのか比較してみた。 新型 セレナ マイナーチェンジでの違いについて エクステリアはフロントデザイン(フロ...

新型セレナ e-POWER ライバル車種について

現行セレナは国産車では初の自動運転技術「プロパイロット」を搭載した。2016年10月の日本自動車販売ランキングでは3位に日産 新型セレナで12,408台となった。

日本自動車販売ランキング 2016年10月 トヨタプリウスが1位で14,053台!! 軽自動車のN-BOXが1位で13,891台!!
自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)は2016年11月7日、2016年10月の乗用車車名別販売台数と軽四輪車通称名別新車販売速報を発表した。 乗用車では2015年12月9日から販売を開始したトヨタの新型プ...

セレナのライバル車種といえばトヨタ 新型 ノア / ヴォクシー/エスクァイア ホンダ 新型ステップワゴンであるがどの車種も現在は既にフルハイブリッドモデルをラインナップしており、現行セレナの弱点は燃費となっている。トヨタは新型ノア・ヴォクシーの販売を開始した、このラインナップではもちろんハイブリッド車があり、フルハイブリッドモデルのないセレナは販売台数が少しずつ落ちていった。新型投入により販売台数を戻したがフルハイブリッド投入がないので台数の持続は見込めない。更に、2014年10月29日エスクァイアを投入し3車種から選べ、もちろんハイブリッド車も各車種ある。

トヨタ 新型 ノア / ヴォクシー ハイブリッド ZR 煌(キラメキ) マイナーチェンジ 2016年1月6日発売
トヨタは新型のノア ヴォクシーのマイナーチェンジ(一部改良)を行い2016年1月6日に発売したヴォクシーは全国のネッツ店、ノアは全国のトヨタカローラ店で販売を開始している。12月上旬から販売店での先行注文がスタートしている。兄弟車であるエス...

そして、もう一社ライバルとしてホンダの新型ステップワゴンが新型アコードに採用された2.0L 直4 DOHC i-VTEC +モーター(SPORT HYBRID i-DCD)を搭載し2017年9月29日発売した。

ホンダ 新型 ステップワゴン ハイブリッド マイナーチェンジ 2017年9月29日発売
ホンダは新型ステップワゴンのマイナーチェンジを行い、2017年9月29日発売する。そして、ステップワゴンに待望のハイブリッドモデルを追加する。 ステップワゴン価格:245万5920円~307万8000円 ステップワゴン スパーダ価格:2...

トヨタ 新型ノア / ヴォクシー / エスクァイアのハイブリッドモデル JC08モード燃費23.8km/Lである。ホンダ 新型 ステップワゴン スパーダ ハイブリッド JC08モード燃費25.0km/L。日産 現行 セレナはB,Sグレードのみガソリンモデル、その他,X以上は S-HYBRID(マイルドハイブリッド)グレードガソリンモデルはJC08モードは15.0 km/LS-HYBRIDモデルはJC08モードは15.8km/L~17.2km/Lである。日産 新型セレナ e-POWER JC08モード燃費26.2km/Lとなる。これにより燃費面では他社と同等になり、注目度もあがり販売台数も大幅にアップするだろう。

日産 新型 セレナ e-POWER JC08モード燃費26.2km/L プロパイロット搭載 2018年3月1日発売
日産は新型セレナのEVハイブリッド「新型セレナ e-POWER」を 2018年2月28日発表し2018年3月1日に発売する。ディーラーでの予約開始日2018年2月16日からとなる。 セレナ e-POWER 価格:296万8,920円〜34...

更に、今後の展開として4WDモデルをラインナップすれば雪国などの地域に住む人の選択肢は新型セレナ e-POWER 4WDとなり他社を圧倒することができるだろう。

新型セレナ e-POWER ライバル車種 比較表

スペック

新型ヴォクシー
ノア
エスクァイア
ハイブリッド

新型ステップワゴン
ハイブリッド

新型セレナ
e-POWER

全長 4,695mm 4,760mm 4,690mm
全幅 1,695mm 1,690mm
全高 1,820mm 1.840mm 1,865mm
ホイールベース 2,850mm 2.890mm 2,860mm
エンジン

1.8L 直4気筒
DOHC
+モーター
型式:5JM

2.0L 直4DOHC
i-VTEC
+モーター
型式:H4

1.2L 直3
DOHC
+モーター
型式:EM57

最高出力

73kw(99ps)
/5,200rpm

107kW(145ps)
/6,200rpm

62Kw(84ps)
/6000rpm

最大トルク

142Nm(14.5kgm)/
4,000rpm

175Nm(17.8kgm)
/4,000rpm

103Nm(10.5kgm)
/3200-5200rpm

モーター最高出力 60kW(82ps)

135kW(184ps)
/5,000-6,000rpm

100kW(136ps)

モーター最大トルク 207Nm
(21.1kgm)

315Nm(32.1kgm)
/0-2,000rpm

320Nm
(32.6kgm)

駆動方式 2WD(FF) 2WD(FF)/
乗車定員 7名
JC08モード燃費 23.8km/L 25.0km/L 26.2km/L
価格

301万4,280円
〜326万9,160円

330万480円
~355万9,680円

296万8,920円
〜355万円

日産 オーテック 新型 セレナ / セレナ e-POWER マイナーチェンジ 2019年10月発売

日産 オーテック 新型 セレナ / セレナ e-POWER マイナーチェンジ 2019年10月発売
日産は新型セレナ / セレナe-POWERのマイナーチェンジを行い2019年8月1日に発売。マイナーチェンジに合わせAUTECHブランドの「セレナAUTECH」「セレナAUTECH e-POWER」を2019年10月に発売する。 新型セレ...

セレナの今後について

新型セレナe-POWER 4WDをラインナップする。雪国に住んでいると4WDモデルを選択する人が非常に多く、現行のセレナでe-POWERモデルは2WDしか存在せず、セレナで購入する場合にはマイルドハイブリッドモデルの直4 2.0Lエンジン 4WD(モーターアシスト方式)モデルとなる。同クラスのトヨタのノアやヴォクシー、ホンダのステップワゴンスパーダのハイブリッドミニバンも4WDモデルは存在しない。しかし、今回の新型セレナ e-POWERに4WDモデルを追加することで他社へ販売が流れることがより無くなり販売力強化に繋がるという考えだろう。

セレナについては次へ

日産
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました