ホンダ 新型 フリード /フリード+ /クロスター マイナーチェンジ 2019年10月18日発売

FREED ホンダ

ホンダは新型「フリード 」「フリード+(2列シート車) 」マイナーチェンジを行い2019年10月18日に発売する。新たにクロスオーバースタイル「CROSSTAR(クロスター)」を新設定する。

新型フリード マイナーチェンジモデル 変更点

新型フリードは2016年9月16日に発売を開始しており3年でのマイナーチェンジとなる。エクステリアのデザインを変更。ワイド感を強調したバンパーでフロントグリルと一体化したデザインに変更、新型インサイト新型フィット新型ヴェゼル同様によりスポーティーな印象となる。クロスオーバースタイルのエクステリアデザインが特長とした「CROSSTAR(クロスター)」を新設定。そしてやはりライバルはトヨタの新型シエンタだ。

FREED CROSSTAR

FREED CROSSTAR

今回シエンタのマイナーチェンジを2018年9月11発売したことによりJC08モード燃費で差が出た。フリードとしてもここはなんとか食らいついて同様の28.8〜29km/L前後の燃費性能に引き上げる考えだろう。運転支援システムである「Honda SENSING(ホンダ センシング)」も全モデル標準装備。「後方誤発進抑制機能」も搭載。

新型フリード 現行フリード Honda SENSING 比較

システム 装備 新型フリード 現行フリード
CMBS
(昼歩行者)

(昼歩行者)
誤発進抑制機能
歩行者事故低減
ステアリング
路外逸脱抑制機能
ACC
LKAS
先行車発進
お知らせ機能
標識認識機能
後方誤発進抑制機能

衝突軽減ブレーキシステム(CMBS) 前走車、対向車、歩行者(昼間)となる衝突回避を支援。約5km/h以上で走行中に自車との速度差が約5km/h以上ある前走車両や歩行者、または対向車両(二輪車や自転車等を除く)に対して衝突する可能性があるとシステムが判断した場合に作動し、自動的に停止または減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を図ります。対向車両(二輪車や自転車等を除く)と歩行者に対しては、自車が約80km/h以下で走行中の場合に作動。

路外逸脱抑制機能 車線を検知し、はみ出さないように支援。約60km/h~約100km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。

LKAS(車線維持支援システム) 車線内を走行できるようにステアリング操作を支援。約60km/h~約100km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。

ACC 適切な車間距離を保ち、運転負荷を軽減。約30km/h – 約100km/hの設定された車速内で、検知された前走車との車間距離と速度差に自動で追従するシステム。

標識認識機能 標識の見落とし防止を図り、安全運転を支援。

誤発進抑制機能 不注意による急発進を防止し注意を喚起。停車時や約10km/h以下で走行しているとき、自車のほぼ真正面の近距離に車両などの障害物があるにもかかわらず、アクセルペダルを踏み込んだ場合に、エンジン出力を抑制し、急な発進を防止するとともに、音と表示で接近を知らせます。

先行車発進お知らせ機能 停止時に、先行車が発進したことをお知らせ。

後方誤発進抑制機能 後方に障害物があるにも関わらず、セレクトレバーがR(リバース)の状態でアクセルペダルを強く踏み込んだ際、急な後退を抑制する機能。

ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」どうなのか?

ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」どうなのか?
2014年10月にホンダが発表した安全運転支援システム「Honda SENSING」HiDS(ホンダ・インテリジェントドライバーサポートシステム)に、衝突被害軽減ブレーキのCMBSなどを統合した新たなシステムとして発表。2015年1月22日...

新型フリード ボディカラーについて

  • シーグラスブルー・パール
  • プレミアムクリスタルオレンジ・メタリックⅡ
  • シルバーミストグリーン・メタリック
  • プラチナホワイト・パール
  • スーパープラチナグレー・メタリック
  • クリスタルブラック・パール
  • プレミアムクリスタルレッド・メタリック
  • ルナシルバー・メタリックメタリック ※
  • ミッドナイトブルービーム・メタリック ※

※フリード・フリード+ 専用

新型フリード インテリア カラーについて

  • モカ (ファブリックシート)
  • ブラック(コンビシート)

新型フリード マイナーチェンジモデル 予想スペック

スペック 新型フリード/
フリード+
ハイブリッド
新型フリード/
フリード+
全長 4,265mm
全幅 1,695mm
全高 1.710mm(2WD)
1,735mm(4WD)
ホイールベース 2,740mm
エンジン 直列4気筒1.5L i-VTEC
+モーター
1.5L直噴DOHC
i-VTEC
エンジン
最高出力 110ps/
6,000rpm
131ps/
6,600rpm
最大トルク 13.7kgm/
5,000rpm
15.8kgm/
4,600rpm
モーター
最大出力
29.5ps/
1,313~2,000rpm
モーター
最大トルク
16.3kgm/
0~1,313rpm
システム
最大出力
132ps/
6,600rpm
駆動方式 2WD(FF)/4WD
乗車定員 6〜7名
トランス
ミッション
電気式無段階変速機 CVT
JC08モード
燃費
28.8km/L 17.6〜19.0km/L
価格 225.6万円〜 188万円〜

新型フリード ハイブリッドと新型シエンタ ハイブリッド比較

スペック 新型シエンタ
ハイブリッド
新型フリード/フリード+
ハイブリッド
全長 4,235mm 4,265mm
全幅 1,695mm 1,695mm
全高 1,675mm 1.710mm(2WD)
1,735mm(4WD)
ホイールベース 2,750mm 2,740mm
エンジン 直列4気筒1.5L DOHC
+モーター
直列4気筒1.5L i-VTEC
+モーター
最高出力 74ps/
4,800rpm
110ps/
6,000rpm
最大トルク 11.3kgm/
3,600—4,400rpm
13.7kgm/
5,000rpm
モーター
最大出力
61ps 29.5ps/
1,313~2,000rpm
モーター
最大トルク
17.2kgm 16.3kgm/
0~1,313rpm
システム
最大出力
100ps 132ps/
6,600rpm
駆動方式 2WD(FF) 2WD(FF)/4WD
乗車定員 5〜7名 6〜7名
トランスミッション 電気式無段階変速機
JC08モード燃費 28.8km/L 28.8km/L
価格 218万7,000円〜 225.6万円〜

最新自動車情報2019調べ

トヨタ 新型シエンタ VS ホンダ 新型フリード 徹底比較

トヨタ 新型シエンタ VS ホンダ 新型フリード 徹底比較
トヨタはシエンタのマイナーチェンジを行い2018年9月11日に発売を開始した。ホンダはフリードのマイナーチェンジを行い2019年10月18日発売する。ライバル車種となる両車はマイナーチェンジによりどの様な違いがあるのか比較してみた。 トヨ...

新型フリードに1Lターボモデルはあるか?

今後の展開として、2013年11月19日にホンダが発表した新型エンジン、1.0L 3気筒直噴ガソリンターボエンジン搭載する。ダウンサイジング化+ターボで走りと燃費を両立最大出力127ps 最大トルク20.4kgmとかなり力強い走りができる。JC08モード燃費20km/L前後となりそうだ。

スペック 新型フリード
全長 4,265mm
全幅 1,695mm
全高 1,710mm
ホイールベース 2,750mm
エンジン 直3 1.0L 直噴ターボエンジン
最高出力 127ps
最大トルク 20.4kgm
駆動方式 2WD(FF)/4WD
乗車定員 6〜7名
トランスミッション 無段階変速機
JC08モード燃費 20.8km/L
価格 225.6万円〜

現状燃費で勝つことはできていないが、1.0L i-VTECエンジンを搭載することで軽自動車の自動車税は10,800円で次に安い物は排気量1.0L以下で29,500円である。1.0〜1.5Lでは34,500円となる。

さらにバリエーションも増やすことでシエンタとは違うニーズの客を取り入れることができそうだ。

フリードについては次へ

ホンダ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました