テスラモーターズ 新型 モデル3 航続距離約346km 2017年7月28日開始 日本の納車時期2019年以降

Tesla Model 3 テスラモーターズ
Tesla Model 3

テスラモーターズは新型モデル3 (Model 3)の開発を行い、2017年7月28日から発売開始する。日本での納車時期は2019年以降を予定。

価格:3万5000ドル(約400万円前後)

2017年7月28日に30台発売、2017年12月までに2万台を発売する。発表は抽選で選ばれた顧客向けに行われる2016年3月31日のイベントにてTesla Model 3が公開された。

新型モデル3 (Model 3) エクステリア

Tesla-Model-3-2018-02.jpg

Tesla-Model-3-2018-04.jpg

Tesla-Model-3-2018-05.jpg

Tesla-Model-3-2018-06.jpg

新型モデル3 (Model 3) インテリア

Tesla-Model-3-2018-07.jpeg

Tesla-Model-3-2018-08.jpg

新型モデル3 (Model 3)について

現在テスラモーターズは「Model S」「 Model X」の2つのラインナップですが800万円から1000万円前後のラインナップである。海外サイトによると、今回の新型 Model 3はコンパクトセダン最も低価格の35,000ドル(約400万円前後)とな。

新型モデル3 (Model 3)スペックについて

全長:3,976mm
全幅:1,765mm
全高:1,435mm
ホイールベース2,500mm

モーター最高出力:193kW (262ps)
モーター最大トルク:525Nm (53.5kgf.m)
バッテリー容量:40kWh
航続距離:345km
定員:5名

新型モデル3 (Model 3)ありか?

更に、低価格でありながら、1回の充電で航続距離は215マイル(約346km)と実用上十分な走行距離を誇る。

2017年9月6日発表 10月2日発売にフルモデルチェンジを果たした、新型リーフは315万360円~399万600円で航続距離がJC08モード400km(社内測定値)で計測方法が違うこともあり、数値に違いはあるが、ほぼ同じ様な内容となる。

これはもちろん新型リーフのライバル車種となるだろう。

しかし、操作方法が他の自動車メーカーとは異なる考え方をしており、例えばフロントガラスのワイパーをオンオフするスイッチレバーは存在するがスピード調整はインフォメーションシステムのサブメニューに入っている。
更に、FM / AMラジオ、CDプレーヤーなどは搭載されておらず、USBポートを使いスマートフォンまたはUSBドライブを使い音楽再生が可能となる。
若者には十分でもあり、使いこなすことは可能だとは思うが年配向けとは決して言えないだろう。

Tesla-Model-3-009.jpg

Tesla-Model-3-014.jpg

Tesla-Model-3-011.jpg

Tesla-Model-3-008.jpg

Tesla-Model-3-012.jpg

Tesla-Model-3-016.jpg

Tesla-Model-3-017.jpg

Tesla-Model-3-018.jpg

Tesla-Model-3-019.jpg

Tesla-Model-3-4.jpg

Tesla-Model-3-5.jpg

Tesla-Model-3-9.jpg

Tesla-Model-3-24.jpg

Tesla-Model-3-008.jpg

Tesla Model 3_03838

Tesla Unveils Model 3
Tesla Model 3 first-ride
Tesla Model 3 (2017) World Premiere

新型モデル3 (Model 3) 競合他社は?

BMWの電気自動車ブランド「BMW i」にグランクーペ 新型「i4」がライバル車種となる。

BMW 新型 i4 「BMW i Vision Dynamics 」電気自動車グランクーペ 2019年発売

BMW 新型 i4 「BMW i Vision Dynamics 」電気自動車グランクーペ 2019年発売
BMWは、電気自動車ブランド「BMW i」にグランクーペ の新型 i4を追加し2019年頃に発売する。 BMWは新型 i4は2025年までに発売予定の25台の電動車両のうちの1 台になる予定である。iX3とMINI EVを含む他の11種類...

テスラモーターズについて

そもそもテスラ社は日本では特に知名度が乏しいので説明をすると。正式名は「テスラモーターズ」米国のEV車製造のベンチャー企業で2008年から生産などを始めた企業だ。テスラの収益源はEVの生産・販売で、同業他社に製品や技術を売ることでも収益をあげている。過去にはトヨタとEV分野で業務提携を結び、RAV4のEV版を生産のパワートレインやバッテリーシステムを行っていた。

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース




テスラ Model 3



テスラモーターズ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました